会社の歴史

明治4年、日本で初めて郵便制度が導入

大正7年(1918年)
杉浦封筒工業所を創業

「車輪と羽」をブランドと制定し、大切な手紙を届ける手段である車輪と飛行機の羽を商標のイメージとした。
国内初 洋形専用の製袋機を導入。手貼り生産が主流の中、早くから機械化を目指した。


昭和11年(1936年)
株式会社を設立

戦後から高度成長時代には、カラー封筒など多品種の商品開発に注力。
いち早くJIS(日本工業規格)の認可を受け、日本経済とともに安定成長をとげる。
写真は昭和28年に発行したカタログ。


昭和44年(1969年)
ハグルマ封筒株式会社へ

満50周年を機に社名変更。


情報化時代 / 個性重視の消費傾向へ

企業のダイレクトメール市場拡大に伴い、ビジネスフォーム封筒の生産増加。
一方、個人の消費は自分らしさを楽しむ傾向へ。
多品種・小ロット対応・オリジナル製品の提供をスタート。
小口専用の印刷会社を社内に設立。


平成11年(1999年)
手紙用品専門店
ウイングド・ウィ―ル設立

便箋・ギフト・名刺・ウエディング向けなど、個人向けカスタマイズ商品を中心に商品展開。


平成14年(2002年)
オリジナル紙素材 コットンの開発

羽車(ハグルマ)オリジナル紙素材の開発が本格的に始動。


環境配慮・品質管理へ取り組み

平成17年(2005年)エコアクション21 取得。
平成20年(2008年)ISO9001取得。


平成22年(2010年)
本社を大阪府堺市に移転

受注から製造・出荷まで一拠点で行う。

同年 羽車(ハグルマ)オリジナルのロウ引き加工機 第1号完成。機械にはオリジナルプレートが付けられた。


平成23年(2011年)
アートギャラリー事業
カルタビアンカ設立


平成25年(2013年)
東京営業所 表参道へ移転
ショールーム東京表参道 オープン

平成27年(2015年)10月
株式会社 羽車へ社名変更

封筒の枠を超え、新たな価値の創造へ。