• HOME
  • 内容物にぴったりの封筒探し

内容物にぴったりの封筒探し

何を入れるかが分かれば、封筒選びは簡単です。

基本的に、国内の日本工業規格(JIS)で決められている封筒の規格サイズは内容物を想定して作られています。
最近では便箋や業務書類だけでなく封筒を利用してさまざまなものが送られます。

A4サイズの書類を入れるのに最適な大きさは角2封筒(240×332mm)です。
A4に対して約30mmの余裕がありますので、数十枚重ねても十分に収まります。
またクリアファイルに書類をまとめた状態のA4サイズの冊子でも角2サイズが最適です。

角2封筒とは別にA4サイズがちょうど収まる角20(229×324mm)というサイズもございます。
最近、A4に請求明細や宛先を直接印字して、窓付の角20封筒を使うという使用例が多くなってきました。
角20封筒は、窓から表示される宛先が大きくズレて読めないということはございませんので安心してご利用できます。

A4を二つ折にしたサイズ(=A5サイズ)には角6(162×229mm)サイズが適しています。
縦使い(タテ形)と横使い(カマス形)の2種類がありますので内容物によって使い分けると便利です。

A4サイズのシートを三つ折するサイズは、定形郵便最大の長3封筒(120×235mm)です。
縦使い(タテ形)と横使い(カマス形)の2種類がございます。

長3封筒よりひと回り小さくてA4三つ折に対応しているDL封筒(220×110mm)もご用意しています。 海外ではフォーマルな企業用封筒として多く使われているサイズなので、正式な文書を送るためのレターヘッド用封筒としてはおすすめです。

タテ、ヨコと十字に折り曲げるとA4サイズは、ほぼはがきサイズになります。
その際おすすめするのが洋2封筒(162×114mm)です。
一般的には手紙を送る際に使われるサイズなので、やや個人としての私信の手紙という印象がありますが、企業としても利用可能です。

国際的な基準のA4やA5サイズなどが流通している昨今、日本独自のサイズであるB5サイズ(182×257mm)は最近ではビジネスで使用されることが減っていますが、まだ定番のサイズとして使用されています。

B5サイズがちょうど入る封筒は角形3号(216×277mm)が適しています。

三つ折で入れる場合は洋6カマス封筒(190×98mm)を使用します。

四つ折で入れる場合は長4封筒(205×90mm)を使用します。

郵便物について内容物が決まっていて、その後封筒を探す場合があります。
その際にご参考にしていただきたい封筒をご紹介します。

まず、上記「用紙サイズから封筒を選ぶ」にてご紹介した封筒は、現在国内で流通している封筒サイズの大半を占めています。 ですから、内容物がA4やA5サイズの場合は、まず上記でご紹介した角2封筒や長3封筒などを一度ご検討してみてください。

では、その他の内容物の例をあげてご紹介しましょう。

データの受け取りなどで頻繁に使用されるのがCDやDVDなどの保存用メディアです。
そのようなものを保護する目的でご利用いただけるのがCD/DVD封筒です。

そのまま入れるのであればCD用封筒(125×125mm)ケースに入っているものを入れるのに最適なサイズはスクエアのSE16サイズ(160×160mm)というサイズもございます。

ギフトカードや金券など、企業や個人として、使用頻度が多いのが商品券袋です。
この大きさは一般的に紙幣と同じ大きさなので、その形にぴったりの専用封筒でお渡しするととてもスマートです。

商品券袋より一回り大きい洋6カマス封筒は、ギフトカードや金券に加えてB5サイズ程度のごあいさつ等の印刷物を三つ折で同封する時におすすめです。

社屋移転のご案内やの社長就任のごあいさつ状など、
正式なご案内状は洋1ダイア封筒(176×120mm)で郵送します。

基本的には封筒サイズに合った二つ折カード(#51VカードRなど)と同じ紙質と揃えて使用します。

その他、いろいろな内容物でおすすめする封筒が違いますので、
まずはその内容物のサイズをあらかじめ確認しておき、どの封筒が最も合う封筒かを考えるとよいでしょう。

小売店でのレシート用や簡単なメッセージ用に便利な小さな封筒はC7封筒(114×81mm)やNE封筒(100×65mm)がおすすめです。

郵便物として封筒を使用する場合は、その発送の手段や内容物と封筒を合わせた料金を調べておくことが大切です。
発送方法は日本郵政、その他の民間企業による宅配サービスなどが考えられます。
ここでは配送方法とそれに合った封筒、そして郵便料金などをご案内します。

宅配便用として送る封筒は、角2外カマス厚紙封筒、角2はこ貼など内容物を保護するためにしっかりとした紙質のものを選んだほうがよいでしょう。

宅配便用と同様にメール便用の封筒も内容物を保護するためにしっかりとした紙質のものを選んだほうが良いでしょう。
特にメール便用厚紙封筒は開封用テープ付きなので封筒が届いた方へも便利です。

企業がダイレクトメールなどのご案内を大量に発送する際に、予算として考えないといけないことが発送料金です。
定形内封筒とは定形郵便最小サイズ(140×90mm)から最大サイズの長3サイズ(120×235mm)までの封筒に適応されます。
例えば洋2封筒や洋1封筒、長3封筒などが対象になります。日本郵政では定形内の普通郵便は、総重量25gまでが82円、50gまでが92円と定めています。
(平成26年4月現在)

定形外とは定形郵便最大の長形3号(120x235mm)よりも大きなサイズに適応されます。
この長3封筒よりも大きなもの、例えば角6封筒や角3封筒、角2封筒など頻繁に使用される封筒も対象になります。
日本郵政では定形外の普通郵便は総重量50gまでが120円、100gまでが140円と定めています。
最近では民間企業の宅配サービスがこれらの定形外サイズを対象に郵便料金よりも安い価格にてサービスを開始しているので、それらの発送料金を確認してみることをおすすめします。

このように、封筒のサイズを探す際には用紙サイズ、内容物、郵送方法などの方法で検討してみてください。

ハグルマでは専門スタッフがお客さまのご要望に添えるよう、詳細をお伺いしながらご案内をさせていただきます。どうぞ、お気軽にご連絡ください。

ご利用について