• HOME
  • 紙の厚みの選び方とは?

紙の厚みの選び方とは?

封筒やカードの「厚み」は何を基準に選べばいいのでしょうか?

紙の厚さについては、多くのお客さまからお問い合わせをいただきます。最適な紙の厚みは、「中が透けないように」「活版印刷を少しでも凹ませたい」など目的により異なります。 また少しの厚みの差で配送料金に大きな違いが出ることもあります。

紙製品業界では、紙の厚みを「重さ」で表現しています。重さを表す方法は「連量(れんりょう)」と「米坪(べいつぼ)」の2種類があり、混在して使われています。

  • ハトロン判
    900mm×1200mm(クラフト系の包装用紙など)
  • 四六判
    788mm×1091mm(上質系の印刷用紙やファンシーペーパーなど)
  • L判
    800mm×1100mm(ボール紙や板紙など)は、[100枚=一連]です

また、紙の厚さには「紙の密度」も関係します。

「固い鉄1kgとふわふわの綿1kgは
どちらが大きいか?」


同じ重さの場合、密度が高いほど体積は小さくなります。逆に密度が低ければ体積は大きくなりますので「ふわふわの綿」の方が大きいということになります。

左の図のように紙の場合も、同じ100gの紙でも繊維がギュッと詰まった固い紙よりも、少しやわらかみのある紙の方が厚みがあるということになります。
そのため単純に「厚み」を比べるには、マイクロメーターなどの計測器で測った実測値が、正確な情報になります。

実測値:紙の側面(断面)の厚み、mm(ミリ)やμ(ミクロン:1/1000mm)で表示します

しかし、実際には紙を製造する際の材料の配合率などによって実測値にはバラつきが生じる場合がありますので、紙製品業界では重さを基準とした 「連量(れんりょう)」や「米坪(べいつぼ)」を一般的に使用しています。

当サイトでは米坪g表記を基準に、商品によっては連量(k)・実測値を併記しています。

紙の厚みは、封筒を作る際や、製品となった封筒やカードに印刷・加工を施す際にも大きく影響します。

当社の商品は、封筒になった時の強度や重さ、使われるシーンなどを検討し最適な厚みを選び製造しています。
お客様が紙を選んで一からオリジナル(別注)封筒を作成する場合は、最適な紙の厚みは米坪で70g〜127.9gとなります。 これは機械で製造する際にこれ以上薄いと機械の中で破けてしまう恐れがありますし、厚すぎると機械の中に紙が入っていかないなどの不具合が生じてしまうためです。

当社で取り扱っている封筒やカードのほとんどはオフセット印刷が可能です。
しかし、厚すぎる紙の場合は機械の中でローラーの隙間に紙が当たってしまい、若干の位置ズレを起こしてしまう場合が有ります。 そのため、ボード紙やクッションなどの厚い紙の場合には2色以上の印刷のデザインを合わせることが非常に難しく、特にフルカラー印刷などには対応できないケースがあります。
また、封筒の底に爪のような跡がつく場合がありますが、これも機械が厚い紙をつかんだ時につくもので、厚い紙ほどその跡が出やすくなります。

活版印刷(レタープレス)はローラーの隙間に紙が通って行くオフセットと違い、紙を1枚ずつ平台でプレスする方法のため、厚みのある紙を得意としています。 この加工を希望するお客さまには、紙の表面の凹みを好まれる方が多くいらっしゃいますが、この凹みを表現するには、厚みと共に「密度の低さ≒柔らかさ」が大きく影響しています。 当社の活版印刷にはコットンペーパーとの相性を考えて通常より硬いタイプの硬質樹脂版を使用しています。厚みがあって柔らかい素材には版の凸部分が強く押され、凹みを表現しやすくなります。

エンボス加工は凹凸それぞれの型で紙を挟んでプレスし、紙の表面を浮き立たせる加工です。
そのため、紙は薄い方がくっきりとした表現が可能になります。
厚い紙にエンボス加工をすることも可能ですが、細かい模様や文字などの表現はつぶれ気味に仕上がる可能性がありますので、デザイン重視の場合は特に注意が必要です。

作成した封筒やカードをいざ送ろうとした時に、通常料金以上の配送料金を請求されるというトラブルが起こる場合があります。 このようなトラブルを防ぐためには、事前に配送手段ごとの料金規定に重さの基準があるかどうか、調べておくことが必要です。

上記の重さには内容物の重さも含まれますので、企画デザインの段階でサンプルを使った事前の測定を行うことをおすすめします。

当サイトの商品は1枚からサンプル購入できますので、ぜひご利用ください。
また、それぞれの商品ページの重さの記載もご参考ください。

※封筒やカードに印刷などの加工をした場合は無地の場合より少し重くなります。

封筒を選ぶときに厚みを気にするのはなぜでしょうか?

  1. 1. 丈夫な方がいい
  2. 2. 中が透けないように
  3. 3. 高級感を演出したい

上記のような希望を叶えるために厚みのある紙にこだわる方が多いようですが、実際は厚み以外で実現することがほとんどです。

1. 丈夫な方がいい

厚み以外にも材質を変えることで破れにくくなります。一般的にクラフト系の紙は使用している木材パルプの繊維が長く、破れにくい紙として包装紙などにも選ばれています。
2. 中が透けないように

色のついた紙を使用したり、裏面に不透明加工を施した紙を選ぶことでより透けない効果を期待できます。
3. 高級感を演出したい

「高級感」は素材の風合いや印刷デザインによる表現が可能となるでしょう。

上記以外にも、手に取った時の安心感などさまざまな要素から考えることができれば、厚みにこだわることなく選択の幅がぐっと広がるでしょう。

目的に合わせた紙の厚みを選ぶ際には、厚みの比較に加え、目的や加工との相性からもぜひご検討ください。

ハグルマでは専門スタッフがお客さまのご要望に添えるよう、詳細をお伺いしながらご案内をさせていただきます。どうぞ、お気軽にご連絡ください。

ご利用について