• HOME
  • 【紙と加工の研究】をしています

【紙と加工の研究】をしています

第16回 超特厚カードへの空押し&エンボス加工 モニター募集終了

1.4mm厚のカードへの凹凸の効果を検証します。

■今回の企画内容

今回の研究では、厚さ1.4mmの超特厚カードを使い、紙の凹凸だけでどのような表現ができるかを研究します。

まず紙に凹みを加える空押し加工(ブラインドレタープレス)をして、その後、紙を盛り上げる(凸)エンボス加工を行います。
紙厚内での高低差がどのような効果を生むのか、空押し加工とエンボス加工でデザインが重なる場合は、重なった部分がどのような表現になるのかも研究したいと思います。

(左の画像について)
・紙:Pカードコットンスノーホワイト1046.4g
・エンボス加工のみ

■募集要項

Pカード(105×150mm)に空押し加工、エンボス加工のデザインをご用意いただきます。
※カード代、印刷、加工の費用は一切かかりません。

■仕様
・紙 Pカードコットンスノーホワイト1046.4g(105×150mm)
・数量 50枚
・加工方法 空押し加工(ブラインドレタープレス)後にエンボス加工します。
※空押し加工には樹脂版を使用し、エンボス加工には金属版を使用します
※デザインは2つの加工が重なっても構いません

■モニター募集の流れ
[申込期間] 7月3日 11:00 〜 7月18日 24:00まで
[当選結果] 申込期間終了後、2営業日以内にご連絡します
※当選した方のみへのご連絡となります
※当選された方には加工可能範囲を明示したテンプレートをお送りします
[データ入稿]2017年8月3日 10:00まで


■応募条件
・Illustratorでのデザイン作成が可能な方
・期日までにデザインを入稿いただける方
・完成したカードを実際に使っていただける方
・完成後のコメントと写真のご提供とページ上での掲載を許諾いただける方

募集人数

  • ・3名 (抽選により決定させていただきます)

■■■ お知らせ ■■■

モニターの応募は2017年7月18日 24:00 にて締め切らせていただきました。
この度は多数のご応募頂きまして誠にありがとうございました。

次回モニター募集企画がございましたら、ホームページ上でお知らせ致します。