1. トップ
  2. 羽車について
  3. コラム「紙と生活」
  4. 華やかな季節に心届けるインテリア~冬のグリーティング

コラム「紙と生活」

華やかな季節に心届けるインテリア~冬のグリーティング

  • 冬のグリーティングカード
2011/10/07

華やかな季節を彩る冬のグリーティングカードをご存知でしょうか。日本ではクリスマスカードという言葉の方がなじみ深いと思います。実は、日本で広まっているクリスマスカードは、厳密にいえば冬のグリーティングカードの中の一つ。今回は、日本ではまだまだ知られていない「冬のグリーティングカード」について、二回に分けて取り上げてみます。まずはその歴史や欧米での楽しい習慣、そして日本での使い方提案などをご紹介します。

華やかな季節に心届けるインテリア~冬のグリーティング メリークリスマス!はNG?
12月になると、海外の友人からクリスマスカードが届きます。
日本では『冬のカード=クリスマスカード』のイメージが強いようですが、海外では少し異なるようです。
『Merry Christmas!』という文字を全面に打ち出したカードは宗教色が強いこともあり、特に長い移民の歴史があるアメリカでは『Happy Holidays!(すてきな休日を!)』や『Season’s Greetings(季節のご挨拶)』といったものがポピュラー。
キリスト教だけでなく、どんな宗教であっても失礼にあたらないからです。
このためアメリカのグリーティングカード用切手は、「イエス様・マリア様」と「季節のモチーフ」というように、宗教に配慮して2種類作られているようです。
そう考えると、最初はクリスマスカードが発端であったものの、文言を『Happy Holidays!』とすることで、幅広い人々の間でのカード交換が可能になり、冬のカードが慣習化したと考えられます。
ちなみに、日本でも冬のグリーティング切手が発行されており、こちらもクリスマスを意識したものと、季節のデザインなど数種類があるようです。
華やかな季節に心届けるインテリア~冬のグリーティング 画像上:日本ではクリスマスカードとして知られている冬のグリーティングカード

ではここで冬のグリーティングカードの歴史をのぞいてみましょう。
クリスマスカードを贈る習慣は、イギリスのヴィクトリア時代から始まり、最初は宗教的絵画にメッセージを添える程度のものでした。
その後、1840年には1通1ペニーという安価でカードを送ることが可能な“ペニー郵便”が開始され、クリスマスカードは急激に普及します。
18世紀にはメッセージカードが商品化。
19世紀にはクリスマス用の切手や封筒が発売され、現在のグリーティングカードが定着ました。

さてクリスマスカードがアメリカに渡ったのは1950年ごろ。
しかしあまり普及しませんでした。
そこで1975年にカードのデザインを懸賞金付きで公募したところ、これが大当たりして、カードを送る人は急増。
まさに利用者を巻き込んだアイデアが、クリスマスカード市場を拡大させたわけです。

心を届け、喜びを与える
このようにして冬のグリーティングカードは全世界に広がっていきましたが、これほどまでに根付いた理由とは何でしょうか。
ある女性のところには、毎年海外の幼なじみから、猫をモチーフにしたグリーティングカードが届きます。
それは、カード自体が猫の形であったり、猫がクリスマスツリーの元で寝ている絵であったり…、毎回趣向をこらしたものです。
その女性は言わずと知れた猫好き。
幼なじみは、友人の喜ぶ顔を想像しながらカードを選んでいるに違いありません。
離れていても、相手を思う気持ちを感じさせます。

また、ある人は自分の支援しているNPOのカードを送ることにしているそうです。
例えば自然保護など、何を大切だと思っているのか、自分の主張をさりげなく伝えているのです。
このように、色やデザイン・紙質など、相手を思いながら選ぶ心や自分の考えを、自然な形で伝える――グリーティングカードには、そんな力があるのではないでしょうか。

ここで忘れてはいけないのがインテリア性です。
欧米では、届いたカードをテーブル・本棚・キッチン・暖炉の上・オフィスのデスクなどでしばらく飾って楽しむ…という習慣があります。
その賑やかな光景は冬の風物詩そのもの。
机の引き出しにしまわず、シーズン中ずっと飾っていますから、見るたびに楽しく、豊かな気持ちにもなれます。
華やかな季節に心届けるインテリア~冬のグリーティング 画像上:欧米ではしばらくインテリアとして楽しむことが習慣

カードに郵便料金を加えても、決して高額にはなりません。
安価で、季節感や心を届け、喜びを与えることができる。
さらにインテリアとしても楽しめることが、冬のグリーティングカード最大の魅力だと言えるでしょう。

年賀状のかわりにグリーティングカードを
ところで、欧米ではカードは封書で送るのが一般的です。
しかし暑中見舞いなど、ハガキでご挨拶をすることの多い日本では、わざわざ封書で、そのうえ年賀状も…と思うと、面倒くさくも感じます。
しかし、グリーティングカードは年賀状と兼用で問題ありません。
年末年始のご挨拶として、『Merry Christmas and a Happy New Year!』などと、グリーティングカードを送る人も増えているそうです。

10代から60代の男女1000人への調査データによると、クリスマスカードをおくる人は18%。
同調査での、年賀状を送る人の43%に比べて半分以下ですが、年賀状との兼用意識が高まれば、利用者も増加すると思われます。
ご承知のようにクリスマスを祝うという文化は、着実に日本に根づいています。

一方で、日本人の年末年始の過ごし方は、自宅で家族と…だけでなく、国内外の旅行先で過ごすなど、とても多様化しています。
自宅で新年を迎える家庭は、昔に比べて減少しているといえるでしょう。
そう考えてみると、12月に受け取ることができ、クリスマスとお正月をともに祝う冬のグリーティングカードは、とても有効。
先に述べたようなインテリア性も加わって、楽しみながらカードをやりとりする…という文化がこれからもっと発展するように考えられます。
華やかな季節に心届けるインテリア~冬のグリーティング カードははがきか封書か…。
迷うところですが、ますは手軽にハガキで送ってみては?目上の方や特別な人には封書で、カードの質にもこだわってみるといいですね。

羽車企画広報部編集



関連記事あいさつ状でありアピールにもなる、企業のグリーティングカード

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。