1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. 紙と加工の研究
  4. 第13回 2段腐食版を使った箔押し加工

第13回 2段腐食版を使った箔押し加工

モニター結果発表

  • 今回の企画内容

    箔押しの版にパターン(模様)が入った2段腐食版を使って箔押し加工を行います。
    (2段腐食版とは箔押し用の版の1つです)
    版に細かなエンボス模様を入れることができるため、通常の箔押し加工とは違った雰囲気に仕上がります。
    今回は12種類のエンボスパターンからお好きなものを選んでいただきます。

    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工

    (上の画像について)
    シルバーの部分が2段腐食版を使った箔押し加工です。
    オフセット印刷1色 蛍光ピンク
    箔押し加工1色 シルバー箔
    箔の模様:SP-038(三角格子)

    箔はイラストなどのベタ面のモチーフだけでなくタイトルなどの文字にも使えます。
    2段腐食版のパターンはこちら

    それでは、今回モニターになっていただいた3名の方の作品を紹介します。

  • モニター ことばとデザイン 古島佑起様の作品

    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工

    【ことばとデザイン 古島佑起様からの感想】

    《今回のデザインのコンセプト》
    2段腐食版箔押しを活かしたグラフィックトライアル

    《実際に作品をご覧いただいた感想》
    箔の模様や特色の蛍光レッドの色合いは想定していた通り、キレイな仕上がりでした。
    一方で箔の模様の凹凸による光の反射で、シャケの皮の表情がここまで変わるのは想定外でしたが、皮の表現に幅が出たことで、身の部分とのコントラストも強調され、よりシャケっぽい質感になりました。
    結果的に思っていた以上におもしろいカードを作ることができ、大変満足しています。

    《今回のカードの使い方》
    メッセージカード


    【スタッフからのコメント】
    2段腐食版のパターンはSP-008(六角形の蜂の巣のような模様)で、シルバー箔(ツヤ有り)を選ばれました。印刷色は、蛍光レッドです。

    グラフィカルなデザインでありつつ、鮭の質感が見事に表現されています。
    イラストの下の文字にも箔押し加工をされていますが、パターンが入っていることによって主張しすぎず繊細な印象を受けました。
    食卓をイメージした写真もご提供いただき、楽しませていただきました。


    このたびはこの企画に賛同してご協力をいただき、ありがとうございました。

  • モニター オオバリキヤ(ナゴンカンパニー)様の作品

    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工

    【オオバリキヤ(ナゴンカンパニー)様からの感想】

    《今回のデザインのコンセプト》
    「・・・の向こう側」

    まだ見たことの無い「向こう側」。
    未来だったり過去だったり、お仕事だったり遊びだったり。
    自分だったり、他の誰かだったり。

    《実際に作品をご覧いただいた感想》
    2段腐食版自体知らなかったので大変参考になりました。
    実際にかかるコストや、他の2段腐食版のパターンも気になります。

    デザイン的には「向こう側」をイメージした箔エンボス模様がハマったなと思いました。(中心点の調整もありがとうございます。)
    手に取ってみて気がついた、箔にぼんやり写り込む自分の姿。とても不思議で新しい発見でした。
    カードが届いた相手にもこの不思議感が伝わると嬉しいです。

    《今回のカードの使い方》
    お手紙やお礼状、告白などに使いたいと思います。


    【スタッフからのコメント】
    2段腐食版のパターンはSP-079(中心から円が広がる模様)で、シルバー箔(ツヤ有り)を選ばれました。印刷色は、ブラックです。

    円の中心をご指定いただき、その位置から模様が広がるように版を作成しました。
    手に取ると箔に映り込んだ光と影がぐるぐるとまわり、不思議な感覚になります。
    カードの角度を変えて、あっちから見たりこっちから見たり、見る人を引き込む作品でした。


    このたびはこの企画に賛同してご協力をいただき、ありがとうございました。

  • モニター 原てるみ(千図案)様の作品

    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工
    第13回 2段腐食版を使った箔押し加工

    【原てるみ(千図案)様からの感想】

    《今回のデザインのコンセプト》
    パターンの中にパターンを入れる

    《実際に作品をご覧いただいた感想》
    細かい部分が表現できておらず(私の調整が悪く)残念なのですが、箔自体は奥行きがあり紙だけではでない物質感があります。
    細かい箔のパターンを選んだこともあるかと思いますが、想像よりパターン×パターンは上品な仕上がりになっていました。

    こちらを使用すると通常の箔よりも伝えられる情報が多くなるので、表現したい内容と箔のパターンがマッチすれば、メッセージ性のあるおもしろい印象の印刷物もつくれそうです。

    通常の箔と同様、細い表現は注意!です。(反省)

    《今回のカードの使い方》
    インテリアアートとして、メッセージカードとして


    【スタッフからのコメント】
    2段腐食版のパターンはSP-086(小さなドット模様)で、メタリックブラック箔を選ばれました。印刷色は、ブラックです。

    ベースとなるブラックは箔押し加工で、デザインパターン(図柄)は白抜きで表現されています。
    遠くから見ると白抜きの図柄が目に入り、近づくにつれ箔表面のドット柄が浮かび上がってきます。
    平面的でありながら奥行を感じる仕上がりです。


    このたびはこの企画に賛同してご協力をいただき、ありがとうございました。

  • スタッフより

    箔押し部分に細かなエンボスを入れることのできる2段腐食は、通常の箔押し加工に比べて目にする機会が少なく、実際どんな風にパターンが仕上がるのか、デザインにどのようにマッチするのかを研究する企画になりました。
    2段腐食版には様々なパターンが用意されているので、今後もデザインによって試してみたいと感じました。

    ※2段腐食版の箔押し加工賃は以下の通りです。
    ・箔押し加工賃 ・・・通常版と同じ
    ・箔押し型作成代・・・通常版の2倍(例:50㎠以内 通常5,500円 2段腐食版11,000円)
    2段腐食版についてのご相談はスタッフまでお問い合わせください。
    2段腐食版のパターンはこちら

    今回の企画にご応募いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。