1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「老舗イメージを一新 若い客層を意識した封筒」

お客様からの相談とスタッフの回答

2016/12/16 酒造業 オーナー

「老舗イメージを一新 若い客層を意識した封筒」

1802

酒造メーカーを経営されているオーナー様がご来店。50年以上蔵元として日本酒を製造されていましたが昨年オーナーが交代され、このたびクラフトビール部門を立ち上げられたとのこと。

クラフトビールの顧客層は20〜40代と既存顧客より若い世代のため、新しいイメージでビジネスツールを作成し、新事業をアピールしたいお考えです。紙と加工の確認とアイデア探しにご来店くださいました。

「日本酒部門とクラフトビール部門、どこかにデザインの共通性がほしいんですよ」今お使いの名刺を見せていただくと、濃い紺色の全面ベタ印刷で、名刺の中央に白抜きでロゴがデザインされています。ちょうど蔵元の紺色の前掛けのようで、いかにも日本酒を連想させるデザインです。

ビール部門のロゴ案は、木版画風の麦のイラストを古風な文字で丸く囲んだデザイン。印刷加工のイメージをつかんでいただくため、カードや封筒などのサンプルを見ていただきましたが、うちのロゴデザインに合いそうと、活版印刷を気に入られていました。

「ビール部門はブラウン系のイメージで作るっていうのもいいよね」今の名刺と、クラフト系の未晒(みざらし)の紙+ダークブラウンの活版印刷見本を並べて何度もご覧になりイメージをされていました。詳細はデザイナーの方にご相談予定ですが、日本酒部門は紺、ビール部門はブラウンの2本立てでいこうと、大まかな方向性をほぼ決定されていました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。