1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「実店舗オープンに合わせ、代表の名刺を作りたい」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/01/18 和食器小売店 オーナー

「実店舗オープンに合わせ、代表の名刺を作りたい」

1804

和食器と和の雑貨を扱うWebショップを運営されているお客様。4月に念願の実店舗を下町エリアにオープンされることになり、ご準備の真っ最中です。

「紙の素材感と、前から気になっていた活版印刷を見てみたくて」ショールームには、デザインをお願いする友人と一緒にご来店くださいました。「Webだけじゃなく店舗を持つんだから、いい名刺も持っておかないと」と友人にアドバイスされたんです、とお客様。Webショップの常連の方、取引先、メディアの方にお渡しする名刺を想定して「きちんとしたイメージ」がキーワードです。

和を感じるけれど、和のイメージが強すぎないモダンさも感じられ、シンプルで縦書き、ツルツルしすぎない紙がご希望。 デザイナーの友人にご相談されながらまずは候補の紙をご覧になり、あえて和紙は選ばず、活版印刷に適した紙の中からコットンナチュラルをお選びに。

コットンと活版印刷の相性、文字のつぶれ具合と凹み具合をご確認いただき、「文字だけで存在感があるから、デザインはシンプルにしてもらおう」と、イメージもかたまったご様子。角が丸い名刺の和風感と、キリッとした縦書きのシンプルさでバランスをとりたいとネームカードRのコットンナチュラルをサンプル購入されました。

文字の印刷色は、ブラックだとはっきりしすぎるため、ダークグレイかライトグレイがよさそうとのこと。ロゴの印刷色は、ダークレッド、ダークイエロー、ダークグリーンなど渋めの色合いを候補に選ばれ、デザインをご検討いただくことになりました。

店頭におくショップカードは、Webショップの商品に同封している小さなカードを共有される予定。コストをかけるポイントを絞ることで、予算を抑えたいとお考えでした。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。