1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「くっきりしたブラックの文字で名刺を作りたい」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/03/01 デザイナー

「くっきりしたブラックの文字で名刺を作りたい」

1812

事務所移転に伴い、ご自身の名刺変更を検討中のデザイナーの方。今お使いの名刺は、マットコート系の白い平滑な紙。表面の文字はブラック印刷、裏面はブラックのベタ印刷で、中央に白抜き文字で社名。全体としてシャープな印象です。今回は少し質感のある紙に変えてみたいそうで、注文前の下見としてご来店されました。

「そろそろ質感のある紙が似合う歳かな、なんて感じてきて」気さくにお話されながら、まずはサンプルで紙選び。風合いはあるけれどクセのない感じがいいと、コットン300/特厚を候補にされました。

「どんな紙であっても、パキッとした黒の感じは欲しいんです」Webサイトのイメージも黒が基調だそうで、黒の表現にはこだわっているというお客様。輪郭も塗りの色もはっきりとした黒が希望とのことで、まずはいろいろな加工をご案内しました。オフセット/活版印刷のブラック色、箔押し加工のブラック箔/メタリックブラック箔をサンプルでご紹介。コート紙ではないコットンペーパーの場合、印刷ではインキが紙の内部に染み込むため、黒がやや柔らかな雰囲気に仕上がるイメージも見ていただきました。じっくりとご確認いただき、今回はメタリックブラックの箔押し加工を選ばれました。

「箔押しは、細かい文字が表現できるか心配ですよね」今お使いの名刺は、メールアドレス・URLの文字サイズは少し小さ目の5ptくらい。箔押し加工の場合、小さすぎる文字は箔の抜けが悪くなるため、文字の大きさは6pt程度になるよう、デザインを調整いただくことになりました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。