1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「カタログがぴったり入る、小さい正方形封筒を探しています」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/03/20 広告代理店 クリエイティブディレクター

「カタログがぴったり入る、小さい正方形封筒を探しています」

1818

クライアントからの指定サイズで、正方形封筒をお探しの広告代理店ご担当者様。手のひらサイズの小さいカタログ(110mm×110mmの正方形)をぴったりキレイに入れる封筒をご希望です。

ご来店のお客様は、広告代理店のデザイン部、クリエイティブディレクター。通常、大量に送るDMなどを担当されているのは購入部なのだそうですが、今回は特殊な形の封筒で、デザイン的な要素も多いためデザイン部でご担当されます。

クライアントのカタログは、スマートフォン周辺機器の新商品案内。冊子形式と、一枚ずつカードのような形式と2タイプがありお渡しするお客様によって、内容を多少変えられるそう。カタログはイベントの受付で手渡しされるため、郵送する必要はないとのこと。数量は500〜1,000枚。

「数量は多くないけれど、ぴったりサイズで作りたいから、いちからサイズオーダーかな」カタログのサイズ感にこだわって提案されたので、封筒もあつらえたようにぴったりキレイに作りたいと、サイズ指定でお作りする別製封筒をご検討。ご希望としては、130×130mmの封筒で仮設計されていましたが実際の冊子を入れてみると、既製品のSE12.5カマス封筒でも入ることがわかりました。

「既製封筒を使ってコストを抑えられるなら、紙違いで2種類封筒を作って、目印にしてみようか」実は今回、内容物の違いを封筒の外見で分かるようにするために、どうやってセンスよく目印をつけるかも悩みどころだったそう。既製封筒を利用することで、予算的に余裕がうまれたため、封筒の紙を変えて2種類作成すれば、間違えずに区別できそう、と新しいアイデアが生まれました。早速、再度お見積もりをしてご検討いただき、クライアントへご提案いただくことになりました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。