1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「ロゴデータだけあり 海外事業部用に雰囲気いい封筒を作りたい」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/03/21 一般企業 総務部ご担当者様

「ロゴデータだけあり 海外事業部用に雰囲気いい封筒を作りたい」

1819

新しく発足する海外事業部用に、英語を併記したビジネス封筒をご検討中のお客様。白い紙で安っぽくならないようにしたいと、海外事業部より希望があったそうですが、ロゴマークデータはあるものの、どう決めてよいかわからないとご相談いただきました。サイズは、使用頻度の高い長3カマス封筒でお考えです。

「しっかりした封筒が希望らしいので、厚い紙の封筒はありますか?」海外事情に詳しい新事業部のご担当より、封筒はいい紙で作っておいてとひと言お話があり、総務部であるお客様も困っていらっしゃいました。ビジネスで使うのですが、適度に高級感のある封筒とのことで、封筒サンプルで実際に紙をご覧いただきました。

まずは白い封筒をすべて並べ、紙の厚みや手にとった際の質感をご覧いただき、3種類の候補をサンプルとしてお選びいただきました。質感がよくプレーンなコットン、細いライン模様が入ったコットンレイド、コットンの質感で中身が透けないコットンオペークをご検討いただくことになりました。封筒用の紙は、厚すぎると製袋ができなかったり、重さで郵便料金が高くなるためコットンでも116.3g程度の厚さです。お客様の感覚では、今お使いの封筒に比べて厚みは十分と、気に入っていただきました。

次に、実際に注文される際の印刷用のデータについて伺ったところ、今回は封筒1種類なので、デザイナーの方に依頼される予定はないとのこと。お客様の社内でIllustratorでのデータ作成は難しいため、今お使いの封筒レイアウトを参考にハグルマにて印刷用データを作成し、そこに英字部分を足して進めることになりました。

「ロゴデータだけはあるのですが、使えるんでしょうか」以前デザイナーに作成してもらったロゴデ—タは、総務に保管されているそう。まずは、印刷用に使用できるデータかどうかみる必要があるためお客様にメール添付にてお送りいただき、ご確認することとなりました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。