1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「写真展で販売用の作品を入れる、パッケージ風の封筒を探しています」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/04/18 写真家

「写真展で販売用の作品を入れる、パッケージ風の封筒を探しています」

1827

野に咲く草花を専門に撮影しているネイチャー写真家のお客様。秋口に写真展を企画しており、その際販売する写真を入れる封筒(パッケージ)を探してるそうです。

「PP袋入れだと、味気ないなって気付いちゃってね」今まで販売用の写真は、ぴったりサイズのやや厚手のPP袋を使われていたそう。ところが、先日行かれた友人の写真展で、雰囲気ある袋に入っていたのをご覧になり、ご自分もやってみたくなったそう。季節や作品によって色を変えようかなどと、楽しく想像中なのだそうです。
まずは封筒のサイズ選びから始めましたが、ちょうど角6カマス封筒に入りそうでした。横長のカマス封筒は、あまり封筒らしくないしパッケージみたいに見えるよね、と全体の雰囲気も気に入っていただけました。

「撮影した場所によって、封筒の色が違うのもおもしろいかもしれないね」角6カマスのサンプルから、グレーの再生紙ライナーグレイや、表は白でウラは茶のホワイトクラフトなど味わいあるラフな質感のものを選んでいただきました。またうっすら中身が透けるトレーシングは、その写真展のアイコン的な写真を入れようかな、とアイデアも飛び出しました。

その後、透け感があるとおもしろいとロウ引き加工のサンプルもご覧になり、わざとダメージを与えたホワイトクラフトのロウ引き封筒に、モノクロ写真を合わせるなど、イメージを確認。次々回の写真展は北米を回る予定なのだそうで、ダメージが入った武骨な紙が合いそうだな、とサンプル購入いただきました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。