1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「再来月の会社統合でロゴが変更、会社で使う封筒を検討しています」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/07/10 イベント企画会社 企画部ご担当

「再来月の会社統合でロゴが変更、会社で使う封筒を検討しています」

1838

再来月、会社が統合することになりその準備作業に追われているお客様。現在ロゴは外部デザイナーと社長などが検討中で企画部では社内外で使う印刷物の修正などをすすめているそう。ロゴ決定時にすぐ手配をすすめられるよう、今から紙選びや加工について見ておきたいと、ショールームに来店されました。

「現在はホワイトクラフトの封筒を使っています。評判もよいので継続したいのですが、ロゴの決定待ちなんです」今の封筒は、ホワイトクラフトの紙にブラック1色で英文ロゴをタイプしたようなデザイン。シンプルながら印象的な封筒です。新ロゴがブラック1色ならばホワイトクラフトを継続の予定ですが、ロゴにコーポレートカラーが設定された場合は、違う紙を検討されるかもしれないそう。

「ホワイトクラフトの紙にカラーで印刷すると、色味は変わりますか?」ホワイトクラフトの紙は、表が白・裏がクラフトの両面色違いの紙です。表面の白は、いわゆる「真っ白」ではなく、ややオフホワイトで、紙質は素材感のあるラフな印象。そのため、真っ白の紙に印刷した例と比べると、色がややくすんだ色味に仕上がります。実際にショールームにある印刷サンプルをご覧いただいたところ、鮮やかさはやや劣るものの、カラーそのものの印象は案外伝わりますね、とのこと。サンプルをスマートフォンで撮影され、社内で検討されることになりました。

最後に、オンラインストアを見て気になっていたという「ライナーグレイ」の紙も質感を確認。もし、ロゴ変更に合わせて大きくイメージを変える、となった場合にはシンプルにかっこよくまとめられそうなので、この紙を社長に提案してみようかと、サンプルを購入されました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。