1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「期間限定ジュースのビンにつける、タグを探しています」

お客様からの相談とスタッフの回答

2017/09/06 デザイナー

「期間限定ジュースのビンにつける、タグを探しています」

1841

無農薬野菜の加工品を販売している農場の、ブランディングを担当されているお客様。通年扱うジャムや野菜スープに加え、季節限定ジュースを販売することになり、パッケージ全般を担当。来週先方に提案されるため、タグの紙やお見積りをざっくり知りたいと、ご来店くださいました。

「はじめはビンのラベルに“限定商品”と印刷しようと思いましたが、ちょっと弱いかなと。」棚に並んだ時に目に留まるようなインパクトがあること、また場合によっては“限定”を外すこともあるかもしれないと、両方のお考えから、タグで提案しようと考えられたそうです。

ビンのサンプルをお持ちでしたので、早速印刷サンプルをビンに掛けてイメージを確認。心配していたひもの長さは、二重に巻くとうまくいきそうです。また、ビンの丸みでちょうどタグがはね上がってしまわないか、ビンに対するタグの大きさなど全体のバランスをチェック。いろいろお試しいただいた結果、やや小さめのダイカット型が候補になりました。

「クライアントの農場には創業時の納屋があり、とてもステキなんです。そのシルエットをロゴに採用したほどで。」築80年の納屋のイメージから、アンティークな雰囲気のロウ引き加工が似合うと、タグの紙には未晒かホワイトクラフトのロウ引き加工をご検討。渋い色合いだけど、ロウ引きすると透けるからそこまで重たくならないですね、と気に入っていただけたようです。合わせる紐は、素朴な風合いの「麻」と、手作りらしい印象の「コットンツイスト」で先方に提案されることになりました。

各商品はこちらから

HAGURUMAカスタマーセンター

0120-890-982
info@haguruma.co.jp
9:00~18:00 土日祝 休
お問い合わせフォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
お客様に安心・安全にお使いいただける商品づくりと、人と地球環境に優しく魅力的な商品を創出し世界の人々に愛される会社を目指します。