1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「カレンダーの作品を入れるパッケージ用の封筒を探しています」

お客様からの相談と回答

22103

「カレンダーの作品を入れるパッケージ用の封筒を探しています」

2017/10/02 
絵本作家

絵本作家であるお客様。今回展示会にあわせてカレンダーを作成されたそうで、パッケージ用の封筒を探しに来店されました。ギャラリーの方もご一緒です。

「絵本をめくるように楽しんでもらいたくて、初めてカレンダーを作ったんです」見せていただいたカレンダーは、12か月分の正方形カードで、一枚描き下ろしの作品が追加されたかわいらしい作品。これから、絵本展や本屋さんの一角で販売予定だそうでまずは200セットほどで検討されているそう。中身がほどよく透けるということで、紙素材はトレーシング、サイズはSE16カマス封筒に即決されました。

「トレーシングにタイトルの印刷をしたいのですが、できますか?」印刷の内容は、作家名と2018 Calendar というタイトルのみ。封筒から透けて見えるカレンダーの絵を邪魔しないよう、目立ちすぎないシルバー印刷がイメージに近いとのことです。

シルバーよりさらに目立たない印刷ですが、とホワイト色の印刷もご案内したところ、ホワイトでタイトルと絵柄の一部を印刷してさらに中の絵柄が透けて重なって見えたら、立体的でおもしろくなりそうだね、という新しいお話になりました。一緒にご来店されたギャラリーの方も、雰囲気的に合いそうですね、とのこと。

これから図案は考えられるそうですが、封筒の表面にタイトルと絵柄をホワイト色で印刷し、中のカレンダーに重なるようなデザインにしてご注文いただくことになりました。

  • ※相談事例は、個人を特定せずひとつの参考例としてご覧いただけるよう、内容を一部変更しています。
  • ※商品・サービスは、ご相談当時の内容でお答えしているため、現在とは異なる場合があります。
 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。