1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「希望の紙を使ってパッケージ封筒を作りたい」

お客様からの相談と回答

10626

「希望の紙を使ってパッケージ封筒を作りたい」

2019/10/11 
印刷会社 営業ご担当

革製品メーカーの新しい商品ライン向けに、商品パッケージを提案する印刷会社のお客様。箱よりかさばらず個性的との理由から、封筒をパッケージに活用できないかとショールームにご相談に来られました。

「こだわりの革製ポーチなので、高級感ある封筒で作りたいんです」
持参されたポーチはやわらかな革で厚みのないタイプ。それを不織布で包みパッケージ封筒に入れ、ケースに入れて発送するとのこと。まずは既製品の封筒を使ってサイズ感から確認すると、正方形のSE22封筒がちょうどきれいに納まりました。正方形で封筒らしく見えないところも気に入っていただけました。

「ブランドカラーが深いグレーなので、希望の紙を使って封筒を作ってもらえますか?」
ショップカードを見せていただくと、かなり濃いグレーでざくっとした質感の紙。そこでお客様から紙のメーカーと名称を伺い、お揃いの紙で封筒用に適した厚みがあるかを確認してお返事することに。加工はツヤのないブラック箔で箔押し加工をすることになり、クライアントへの説明用に箔色サンプルを1枚購入されました。

後日、ご希望の紙で封筒が作れるか、紙質や厚み(一般的に封筒に適した厚みは70g/m²から120g/m²)を弊社で確認し、お見積りと納期と合わせてメールにてご連絡。その後のデータ支給などもメールにてやりとりを行い、制作を進めることができました。

  • ※相談事例は、個人を特定せずひとつの参考例としてご覧いただけるよう、内容を一部変更しています。
  • ※商品・サービスは、ご相談当時の内容でお答えしているため、現在とは異なる場合があります。
 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。