1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「カタログ送付用に、透け感のある封筒を探しています」

お客様からの相談と回答

11266

「カタログ送付用に、透け感のある封筒を探しています」

2020/04/03 
インテリアショップ 企画ご担当

A4三つ折りサイズのカタログを入れる封筒で、中身が透けて見えるものをお探しのお客様。オンラインストアを見て、長3封筒トレーシングなどをご覧になりたいと来店くださいました。

「トレーシングの他にも、透ける封筒はありますか?」
トレーシングとは異なる雰囲気ですが、やはり中身が透けて見える「ロウ引き加工」をご案内。この加工は、溶かしたロウを紙に染み込ませると、色みが深くなり透け感もでてアンティークのような仕上がりになる加工。その雰囲気としっとりとした触感を気に入っていただきました。

紙の色は白が希望でしたので、ロウ引き加工に適したクラフト系の紙の中から、ホワイトクラフト、HAGURUMA Basicプレインホワイトをご案内。ホワイトクラフトは内側の未晒(ブラウン)が透けて見えるためおもしろいと気に入っていただきましたが、カタログやブランドイメージと合うかどうか、という点を気にされていました。

「ロウ引き封筒は郵送はできますか?」
ロウ引き加工の封筒も郵送用としてご利用いただけます。紙の性質上、宛名シールや封かんは強粘着のものを使用し貼った後しばらく置いていただくと定着が良くなります。また、ダメージが加わるとロウが細かくひび割れて白くなるのもこの加工の特徴で、自然と味わいのある郵便物になります。

今回は、社内でも現物を見ながら検討されたいと、紙の種類違いの既製品ロウ引き封筒、トレーシング封筒をサンプルとしてご購入。実際にお客様の方で切手とラベルシールを貼り、郵送してみた状態も試してみて、ご確認いただくことになりました。

  • ※相談事例は、個人を特定せずひとつの参考例としてご覧いただけるよう、内容を一部変更しています。
  • ※商品・サービスは、ご相談当時の内容でお答えしているため、現在とは異なる場合があります。
 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。