1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. お客様からの相談とスタッフの回答
  4. 「審美歯科クリニックのチケットカードを入れる封筒」

お客様からの相談と回答

47393

「審美歯科クリニックのチケットカードを入れる封筒」

2021/07/12 
クリニック 代表

デンタルホワイトニングの専門クリニックを1ヶ月後にオープンされるお客様。ご挨拶状とチケットカードを入れる封筒、封筒を留めるシールを探しているとご来店されました。

「クリニックはグレーとゴールドがテーマカラーで高級感のある印象です」
会員制のクリニックで高級感のあるイメージにしたいとのこと。ショップカードは他社で作られたものがあり、淡いグレー紙にゴールドの箔押しでロゴが入った上品なイメージのため、その印象に近づけてお作りすることになりました。

封筒には挨拶状と優待チケットを入れますが、チケットは商品券くらいの大きさをご希望。挨拶状はお手紙のようなものより、厚みのあるカードでしっかりメッセージを伝えたいとのことでした。

そこでまず封筒は、企業の案内状にもよく使う定番の長3カマス封筒(A4三つ折サイズ)をご案内。挨拶状には横長の2つ折カード(#93Vカード)をご提案しました。横長のカードはすっきりと洗練された印象だと、気に入ってくださいました。

次に紙の候補選びを進めました。はじめは封筒とカードをグレーにするご予定でしたが、ショールームでサンプルをご覧になるうちに、「挨拶状は、やはり白い紙の方がフォーマル感が伝わりますね」とお客様。
そこで、封筒とカードは同じ紙素材の色違いで合わせることになりました。グレーの封筒にはゴールドの箔押しでロゴのみを加工。今後もお店用の封筒として、別の用途でも使うことを想定されていました。

また、カードは同じ紙素材の白にされることに。質感がよく厚みのあるコットンペーパーのライトグレー、スノーホワイトでお作りすることになりました。

「優待チケットを3種類作る予定ですが、おすすめの紙はありますか?」
お客様に優待チケットのイメージを伺うと、ちょうど商品券くらいの大きさ(160×76㎜)がご希望。既製でこのサイズのカードはないため、断裁加工でご希望通りのサイズにできることをお伝えしました。カードは印刷の色を変え、優待内容がひと目でわかるように。ロゴをゴールドの箔押し加工することで、特別感のあるチケットに仕上がりそうです。

封筒を留める封緘シールには、ロゴマークを印刷する予定。スノーホワイトの紙にイエローゴールド色での印刷を検討されています。これから挨拶状や優待チケットのデザインを作成されるため、見本として一通りご購入いただきました。後日メールにてご注文いただく予定です。

  • ※相談事例は、個人を特定せずひとつの参考例としてご覧いただけるよう、内容を一部変更しています。
  • ※商品・サービスは、ご相談当時の内容でお答えしているため、現在とは異なる場合があります。
 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。