1. トップ
  2. お役立ち情報・制作例
  3. 業種別 印刷・販促物のヒント
  4. ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

業種別 印刷・販促物のヒント

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

2021/06/22

ハンドメイドアクセサリー作家の方が通信販売のお店の印刷物を作る際、どのようなことがポイントになるのでしょうか。デザイン性やセンスが大切な業種ですし、作家さんごとにカラーが異なる世界ですから、お店の特徴や雰囲気に合わせた仕上がりになれば、印刷物を通じてお店の魅力がさらに伝わりそうです。 ここでは、ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物に必要なアイテムや、作成のポイントをご紹介していきます。

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物


アクセサリーショップで使われる印刷物とは
①お店のこだわりや人柄が伝わる「ショップカード」
②商品を見映えよく包む「ギフトパッケージ」
③ピアスやネックレスを固定する「アクセサリー台紙」

アクセサリーショップで使われる印刷物はこのようなものが挙げられます。


お店にあった印刷物を使うことのメリットとは
ハンドメイドのアクセサリー市場は大変な盛り上がりです。今は、多くの個人の方がWeb上にお店を持ち、ご自身のブランドを立ち上げられています。世界にはハンドメイド作品を集めたネットショップが多数あり、取扱アイテムが110万点を超えるマーケットもあるそうです。その中でお客様に選ばれるには、商品そのものの魅力に加えて、そのブランドの持つ世界観も重要だと思います。

アクセサリー台紙やパッケージなどの印刷物は、商品のページでは紹介しない場合が多いと思います。しかし注文した商品が届き、実際に手元に届いた際に「ここに注文してよかった!」と感じていただけるよう、商品を引き立てる大切な役割があります。

シンプルな印刷物でも、作品との世界観が統一されたセンスを感じるものであれば、手に取った方の記憶に残るのではないでしょうか。


ハンドメイドアクセサリーショップのキーワードは「作者の個性」
「作家による唯一無二のハンドメイドの作品」であることが、最も重要で価値のあるキーワード。世界にひとつしかない大切な作品を、たくさんの方に知っていただき、気に入って下さる方に届けたいですね。アクセサリー台紙やパッケージなどの印刷物は、商品をより魅力的に見せるための、大切な役割を担っています。

ショールームやオンラインストアでは、作品の印象に合わせた印刷物は、どのように作ればよいでしょうか、とのご相談もよく伺います。


アクセサリーショップでよく使われる印刷物
①ショップカード

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

ショップカードは質感の選び方が大切
デザインを大切にしたいショップカードですから、その質感も大切に選びたいものです。あたたかな風合いのコットン素材、ナチュラルなクラフト用紙、雰囲気のよい和紙など、作品の世界観にマッチした素材を選びます。近未来的なデザインならシャープなものを。温もりを感じさせるようなナチュラルな作品なら柔らかい質感の紙がよく合います。

お店の個性と情報をわかりやすく伝える
ハンドメイドアクセサリー作家の方にとって、ショップカードはお客様とショップをつなぐ大切なアイテムです。新作はあるかな、とサイトを何度も訪問いただくこともあるでしょう。またイベントのご案内に、QRコードを印刷してスマホで気軽にサイトへ誘導することも多くなりました。

カードに盛り込む要素は簡潔にし、読みやすいカードにすることも大切です。ショップカードはいわばお店の名刺。印象のよいカードを作ることでお客様の手元に残り、お店の名前やイメージを憶えていただけるかもしれません。

盛り込みたい要素は、
・ショップ名
・ショップのロゴ
・ショップのURL
・SNSのアカウント名、イベント用QRコードなど

ーショールームスタッフよりー
ショップカードとアクセサリー台紙を兼用したカードを作りたい、というご相談をいただくことが何回かありました。ハンドメイド作家としてスタートしたばかりで予算的に抑えたいというお話でした。ショップカードとしても台紙としても成立するようにデザインをどうまとめるか、一緒にお話しながら進めました。1種類のカードをまとまった数で作ることにより、1枚あたりの単価が抑えられ、キラキラした箔押し加工が入った華やかなカードをお作りできました。台紙として使う際の穴は、ご自身で開けていただきました。



②ギフトパッケージ

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

世界観が統一された、ギフト商品の提案に
ハンドメイドアクセサリーはご自分用だけでなく、最近はプレゼントとして購入される方も多いそう。ギフトパッケージの提案をすることで、ギフト需要としてのご注文もお受けできますので、ぜひ用意したいところです。

ギフト箱ははロゴの印刷に加え、形状や見た目の華やかさなどトータルで印象のよいギフトになるよう提案することが大切です。

③アクセサリー台紙

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

商品の魅力が高められる、台紙の印象
アクセサリーの紹介画像に、台紙を使うことは少ないですが、台紙があることで世界感が伝わるようでしたら、あえて使用するのもよいかもしれません。

例えばナチュラルなブラウンの台紙に、リングモチーフを取り入れたショップのロゴ。アクセサリーが映える丸形デザインは、お店らしさも伝わります。作品と一緒に目に入ることで、小さな作品をより印象的に見せることができますね。

アクセサリーは身に着けるものなので、ナチュラルな色味のアクセサリー台紙を使い、肌馴染みがいいかパッと見た時にイメージしていただくのもひとつの方法です。

ーショールームスタッフよりー
私が伺ったご相談は、アクリル製のカラフルなパーツで作るアクセサリーの台紙でした。アクリルのビビットな色にインパクトがあるので、色を引き立たせるため白い台紙に。大振りのアクセサリーに負けない正方形の台紙を選び、くっきりとブラック1色でブランド名を入れました。その下には、お気に入りだという短いフランス語の詩の一遍を。余白の多いシンプルな台紙ですが、ピアスやネックレスを実際に付けてみると、作品が映える台紙に仕上がっていました。



お客様の制作例(デザインギャラリーより)
シンプルなショップカード

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

クールな印象のキュリアススキン グレーを使ったショップカード。ブラック1色の印刷で、情報がすっきり目に入り、アクセサリーを引き立てています。
y.h.a様の制作例(ギャラリー)はこちら

商品を引き立てるアクセサリー台紙

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

グレーの紙に、上品にグレー1色で印刷したアクセサリー台紙。アクセサリーが加わることでデザインが完成するような台紙です。
muguet様の制作例(ギャラリー)はこちら

ガラス玉を引き立てるパッケージ箱

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

手のひらサイズの小さなクラフト箱。素朴なパッケージにガラスの透明感が際立ちます。
TG WORKS様の制作例(ギャラリー)はこちら


羽車の制作例(ハンドメイドアクセサリーショップ・近似の業種)
SPARROWのショップカード

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

布地の紙を使ったショップカードのショップカード制作例はこちら


BALLOONのパッケージ

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

ピアスを入れるピローケースの制作例(ギャラリー)はこちら


mouetteのアクセサリー台紙

ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物

ボード紙のアクセサリー台紙の制作例(ギャラリー)はこちら


まとめ
ハンドメイドアクセサリーショップの印刷物は、世界にたったひとつの作品の魅力を演出する、欠かせないアイテムです。作品の世界観が伝わることは、作家さんへの親しみにつながりますし、リピートでご注文いただけるようなファンになってくださるかもしれません。
自社の特徴や雰囲気が伝わる印刷物を作成し、ぜひハンドメイドアクセサリーショップの個性が伝わるブランディングにお役立てください。

 

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター

9:00〜18:00 土日祝 休

電話 0120-890-982
メール info@haguruma.co.jp
フォーム
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。
人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。

各商品のトップページ

お問い合わせ窓口

HAGURUMA STORE カスタマーセンター  9:00~18:00 土日祝 休

電話
0120-890-982
メール
info@haguruma.co.jp
株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

株式会社 羽車は封筒・紙製品・印刷物の製造販売を行っています。1918年に大阪で創業しました。

大阪府堺市の本社工場では封筒生産機と印刷機を中心に70台を超える機械が稼働しています。

人と地球環境に優しく、 安心してお使いいただける魅力的な商品をご提供します。