イラストレータ・フォトショップ入稿注意点

印刷・加工用のデータはご注文完了後にメールで入稿

印刷・加工用のデータは
ご注文完了後にメールでご入稿ください

対応バージョン Adobe Ilustrator:8.0J / 9.0J / 10.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6 / CC(2015 まで)

Adobe Photoshop:5.0J / 6.0J / 7.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6 / CC(2015 まで)

お送りいただきたい内容:ご注文番号・お名前・電話番号・Email アドレス

メールの送り先 info@haguruma.co.jp

DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージサービス(クラウドサービス)での入稿は、
お引き受けしておりませんので予めご了承ください。


Illustrator のデータで入稿の場合

Illustrator でデータ入稿される場合の注意点や、データ作成用テンプレートをご案内しております。
スムーズに制作に入らせていただくため、必ず一通りお目通しください。

各画像をクリックするとダウンロード一覧のページが別タブで開きます。

データを作成されるときは使用する商品の正しいサイズで作成してください。
印刷不可部分や貼り合わせ位置などもご確認いただけますので、トラブルを回避するためにも、こちらを利用していただくことをおすすめしています。
また、他社様のテンプレートを流用されますと、同サイズの商品でも仕様の違いによる不具合が発生する可能性がございますので、お避けくださいますようお願いいたします。 

※ファイルは Illustrator(AI)形式となっておりますが、Photoshop で開いて使用していただくことが可能です。
開く方法は下記の「Photoshop での印刷データ用テンプレートの開き方」を参照してください。

データを作成されるときは使用する商品の正しいサイズで作成してください
弊社にて各サイズの印刷データ用テンプレートをご用意しています。
印刷不可部分や貼り合わせ位置などもご確認いただけますので、トラブルを回避するためにも、こちらを利用していただくことをお薦めしています。
また、他社様のテンプレートを流用されますと、同サイズの商品でも仕様の違いによる不具合が発生する可能性がございますので、お避けくださいますようお願いいたします。

データのカラー設定は、CMYK のいずれかに置き換えて作成してください。
1色または2色で印刷の場合は、K(ブラック)またはC(シアン)に置き換えてください。
箔部分やエンボス部分はM(マゼンタ)100%で作成をお願いします。
また、活版印刷の場合はアミ(濃度1〜99%)の表現ができませんので設定は100%にしてください。

置き換え例


■1色印刷

データはK(ブラック)で作成し、注文時の印刷色をカナリアで指定します。

■2色印刷

データはC(シアン)とK(ブラック)で作成し、注文時の印刷色をそれぞれターコイズとネイビーで指定します。

■箔、エンボス加工部分

データはM(マゼンタ)100%で作成し、注文時に箔色をゴールドで指定します。

■活版印刷

濃度の設定は100%にしてください。置き換える色は上記の1色・2色と同じです。

データは単色(100%)で作成してください。

活版・箔・エンボスではグレースケール・アミ(濃度1%〜99%)は表現できないためお使いいただけません。

文字のサイズは6pt以上、イラストなどの線の幅は0.2pt以上で作成してください。

小さいと潰れる可能性がございます。(スクリプト体などの細い部分も気をつけてください)

画像を配置される場合は、カラーモード:モノクロ2階調、解像度:1200dpiが推奨です。

ベタ面が多いデザインはムラがでますので一度ご相談ください。

複数の加工がある場合は下記のように色を分けてください。


複数加工がある場合のデータの色分けについて

パスで作成された線幅(太さ)は0.2pt以上で作成してください。

線は画面やプリントアウトで見るより実際は細く印刷されます。また、アミの濃度によっては消えてしまいますのでご注意ください。

また、以下の設定になっている場合、画面上や家庭用プリンターで線が表現されていても、印刷機では印刷されません。必ずカラー設定を「線」にして、線幅を0.2pt以上に設定してください。

画像を配置される場合は以下の仕様を推奨します。

モード:CMYKカラー(CMYK4色印刷の場合)またはグレースケール(1色印刷の場合)

画像解像度:350dpi

サイズ:原寸サイズ


上記以外の画像を配置されている場合、品質の保証ができかねます。ご注意ください。

Adobe Photoshopでの画像の設定については「解像度とカラーモードについて」、カラー画像からグレースケール画像への変換方法は「RGB・CMYKの画像を1色にする方法」のページを参照してください。

  • モニター上で鮮やかな色で表示されていた色が、
    印刷の段階でCMYKに置き換えられると、
    濁ったくすんだ色になってしまう場合があります。
    (特に、鮮やかな緑や青によく起こります。)
  • モニター上ではきれいに見えていた画像でも、 印刷すると粗くギザギザの目立つ画像となります。 文字などは判読が不可能になる場合もあります。
  • 画像はリンク画像または、埋め込み画像のどちらでもご入稿いただけます。

    埋め込み画像は画像点数が多い場合、ファイルサイズが増大するためお薦めできません。
    リンクで配置の場合、Illustratorデータと配置画像データは同じ階層のフォルダに入れてください。 


文字はすべてアウトライン化してください。

文字をアウトライン化していない場合、文字が正しく表示されなかったり、文字化けをおこしたりします。

【文字のアウトライン作成方法】

「書式」メニュー→「アウトラインを作成」

印刷可能範囲内で商品の端にかかるデザインの場合、

商品端より外側に3mm長く出るように塗りたしを作成してください。

印刷・加工用のデータは
ご注文完了後にメールでご入稿ください

対応バージョン Adobe Ilustrator:8.0J / 9.0J / 10.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6 / CC(2015 まで)

Adobe Photoshop:5.0J / 6.0J / 7.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6 / CC(2015 まで)

お送りいただきたい内容:ご注文番号・お名前・電話番号・Email アドレス

メールの送り先 info@haguruma.co.jp

Adobe Photoshop のデータで入稿の場合

Photoshop でデータ入稿される場合の注意点や、データ作成用テンプレートをご案内しております。スムーズに制作に入らせていただくため、必ず一通りお目通しください。

各画像をクリックするとダウンロード一覧のページが別タブで開きます。

データを作成されるときは使用する商品の正しいサイズで作成してください。
印刷不可部分や貼り合わせ位置などもご確認いただけますので、トラブルを回避するためにも、こちらを利用し
ていただくことをおすすめしています。
また、他社様のテンプレートを流用されますと、同サイズの商品でも仕様の違いによる不具合が発生する可能性
がございますので、お避けくださいますようお願いいたします。 

※ファイルは Illustrator(AI)形式となっておりますが、Photoshop で開いて使用していただくことが可能です。
開く方法は下記の「Photoshop での印刷データ用テンプレートの開き方」を参照してください。

  • 上項目の各ページから、ご使用になるサイズの印刷データ用テンプレートをダウンロードしてください。
    ファイルは Illustrator(AI)形式となっておりますが、こちらのファイルを Photoshop で開いてください。

    Illustrator(AI)形式のファイルを Photoshop で開くと、「PDF の読み込み」というウインドウが表示さ
    れますので、下の「解像度について」の項目に沿って印刷・加工の仕様に該当する内容を入力してくだ
    さい。
  • ファイルが開きますと、仕上がりサイズの線や印刷不可範囲などを記したレイヤーが表示されます。位置の目安としてください。

    背景が透明になっているため、罫線や文字が見えにくくなっています。背景色を白くすると見えやすくなります。「レイヤー」ウインドウのメニューをクリックして開いてください。
  • 「画像を統合」を選択してクリックしてください。
  • 背景が白くなり、線などがあるレイヤーが見やすくなります。
    印刷内容を作成していく場合、この元々あるレイヤーとは別のレイヤーに作成してください。
メニューから【ファイル】→【新規】を選択し、ファイルの設定のウインドウに必要な情報を入力します。

希望の印刷・加工方法により「幅」「高さ」に数値を入力してください。

※紙の端にかかるデザインの場合は、 「幅」「高さ」それぞれに
仕上がりサイズ + 6mm(上下左右 3mm ずつ分)の数値を入力してください。



「解像度」「カラーモード」については次の解像度とカラーモードについてをご確認ください。
周囲 3mm の位置にガイドを作成し、仕上がりサイズ内におさまるように文字情報などを配置してください。

紙の端にかかるデザインの場合は、必ず仕上がりサイズのガイドの外側まで塗りたしを作成してください。

弊社印刷データ用テンプレートを Photoshop で開いた際、または新規で Photoshop データを作成する際に、
印刷・加工方法に合わせてデータの解像度とカラーモードを以下のように設定してください。

1色印刷の場合
オフセット・デジタル印刷の場合
  • 細い線でデザインされたロゴマークやイラストがあるもの
  • 名刺や案内状などの文字情報が多いもの

解像度:【600pixel/inch】以上推奨
モード:グレースケール
ビット数:8bit
  • 左記以外の場合


解像度:【350pixel/inch】
モード:グレースケール
ビット数:8bit
活版印刷・箔・エンボス加工の場合

※【活版・箔・エンボスのデータ作成について】も合わせてご確認ください。

解像度:【600〜1200pixel/inch(1200pixel/inch以上推奨)】
モード:弊社印刷データ用テンプレートを使用する場合→グレースケール※
※カラーモードは最終「モノクロ2階調」に変換して入稿してください。
新規データを作成する場合→モノクロ2階調
ビット数:8bit
2色印刷の場合
オフセット・デジタル印刷の場合
  • 細い線でデザインされたロゴマークやイラストがあるもの
  • 名刺や案内状などの文字情報が多いもの

解像度:【600pixel/inch】以上推奨
モード:CMYKカラー
ビット数:8bit
  • 左記以外の場合


解像度:【350pixel/inch】
モード:CMYKカラー
ビット数:8bit
活版印刷・箔・エンボス加工の場合

※【活版・箔・エンボスのデータ作成について】も合わせてご確認ください。

解像度:【600〜1200pixel/inch】(1200pixel/inch以上推奨)
モード:CMYKカラー
ビット数:8bit

※RGBモードで入稿された場合・お使いのソフトの機能により RGBからCMYKに変換できない場合
RGBモードのままご入稿いただきますと、弊社にて強制的にCMYKモードに変換いたします。
その際、RGBとCMYKでは色の再現領域が異なるため色みが全体的にくすんだようになってしまいます(特に、鮮やかな緑や青によく起こります)。ご理解のほどお願いいたします。
  • モニター上で鮮やかな色で表示されていた色が、印刷の段階でCMYKに置き換えられると、濁ったくすんだ色になってしまう場合があります。
    (特に、鮮やかな緑や青によく起こります。)
  • モニター上ではきれいに見えていた画像でも、印刷すると粗くギザギザの目立つ画像となります。 文字などは判読が不可能になる場合もあります。

    「Photoshopのデータで入稿の場合」に戻る

ファイルのカラーモードについては「解像度とカラーモードについて」を参照してください。


また、フルカラーの画像をグレースケールや1色に変換するには下記のページを参照してください。


弊社テンプレートを使用して印刷データを作成され る場合、テンプレートを Photoshop で開くと、仕上 がりサイズの線や印刷不可範囲などを記したレイ ヤーが表示されます。位置の目安としてください。

※開いた直後のこのレイヤーの背景は透明になって います。画像を統合して背景を白くしていただくと 文字や線が見えやすくなります。
印刷内容を作成していく場合、この元々あるレイヤー とは別のレイヤーに作成してください。
入稿直前の段階で、トンボと左上のサイズの表記を 残して仕上がりサイズの線(折り目の線など含む)と印刷不可範囲の表示(グレーまたはうすい茶色の帯部分)を消し、レイヤーを全て統合してください。
これらを消さずに統合してしまうと、作成いただいた内容と一緒に印刷されてしまいます。

なお、画像を統合するとシェイプレイヤーやテキストレイヤーは編集できなくなりますので、統合する 前に、修正やサイズ変更に備えて別ファイルをバックアップとして残しておくことをおすすめします。
印刷で出力可能な線幅は「0.2pt」以上です。
罫線や文字の細い部分などの幅は0.2pt未満になりますと上手く印刷されないことがございます。
幅を 0.2pt 以上になるよう設定してください。
文字情報は、テキストレイヤーを選択し、メニューから【レイヤー】→【ラスタライズ】→【テキスト】を選び文字をラスタライズします。

※文字をラスタライズしないと文字化けの原因となりますので、必ず文字はラスタライズしてください。

※ラスタライズとは、テキストとしてのデータをピクセルの集まりに変換することです。
文字がラスタライズされるとテキストレイヤーが通常のレイヤーになり(画像化されます)、文字情報をテキストデータ(ベクトルデータ)として扱えなくなります。
文字の修正やサイズ変更に備えて別ファイルをバックアップとして残しておくことをおすすめします。

印刷可能範囲内で商品の端にかかるデザインの場合、

商品端より外側に3mm長く出るように塗りたしを作成してください。



印刷・加工用のデータは
ご注文完了後にメールでご入稿ください

対応バージョン Adobe Ilustrator:8.0J / 9.0J / 10.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6 / CC(2015 まで)

Adobe Photoshop:5.0J / 6.0J / 7.0J / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS6 / CC(2015 まで)

お送りいただきたい内容:ご注文番号・お名前・電話番号・Email アドレス

メールの送り先 info@haguruma.co.jp

DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージサービス(クラウドサービス)での入稿は、
お引き受けしておりませんので予めご了承ください。

ご利用について